脱毛の予約が取りやすい脱毛サロン

脱毛を契約したのに、予約が取れなくて脱毛できない!というトラブルには遭いたくない!!

脱毛をしたいくて契約しても、脱毛の施術の予約ができないというトラブルがあるということを、聞いたことはないでしょうか?もし自分に起こったら、なかなか脱毛が進まないので嫌ですよね。

 

そこで、脱毛の予約が取りやすいサロンの選び方や、おすすめの脱毛サロンについて紹介します。

 

予約が取りやすい脱毛サロンランキングはこちら>>>

脱毛の予約が取りやすいサロンの選び方のポイント&脱毛の予約を取るポイント

脱毛を契約しても、予約が取れなかったら意味がありませんよね。そこで、まずは予約の取りやすい脱毛サロン選びのポイントを紹介します。

 

店舗移動がOKなサロンを選ぶ

店舗移動がOKなサロンを選びましょう。脱毛サロンの中には、契約した店舗でずっと通わなくてはいけないところと、予約ごとに店舗を変えていいところがあります。予約ごとに店舗を変えていいサロンだと、予約できる店舗の幅が増えるので、結果的に予約しやすくなります。契約した店舗と別の店舗に通いたい場合、店舗変更の手続きや手数料が必要なところもあるので、気をつけましょう。

 

店舗数が多いサロンを選ぶ

店舗移動がOKなサロンを選んだ場合、自分の行ける範囲に店舗数が多いと、通える店舗が増えます。すると、予約できる店舗の幅が増えるので、予約しやすくなります。脱毛サロンには、全国展開をしている店舗や、同じ駅の東口・西口にある店舗などがあります。なるべく店舗数が多いサロンを選びましょう。

 

キャンセルのペナルティが軽いサロンを選ぶ

キャンセルのペナルティが軽いサロンを選ぶと、すでに予約しているお客さんが、直前でキャンセルすることがあります。すると、当日や前日にいきなり予約が取れることがあります

 

一方、キャンセルすると脱毛1回分消化や、キャンセル料がかかるところもあります。この場合、気軽にキャンセルできないので、直前キャンセルされることが少なく、その空きで予約が取れません。直前キャンセルが多い可能性のある、キャンセルのペナルティが軽いサロンがおすすめです。

 

キャンセル待ちを教えてくれるサロンを選ぶ

サロンによっては、キャンセル待ち登録をしておくと、キャンセルがあったとき、お知らせしてくれるところもあります。空きがわかれば、すぐに予約できます。

 

専用アプリで予約できるサロンを選ぶ

脱毛サロンには、そのサロン専用のアプリがあって、店舗の予約空き状況の確認や、脱毛の予約・キャンセル・確認などが簡単にできるところがあります。店頭に電話をして予約をするところだと、店舗の営業時間内でしか電話がつながりませんが、アプリやwebで予約できるサロンだと、24時間いつでも脱毛の予約ができます

 

営業時間が長い店舗を選ぶ

脱毛サロンは、早いところだと午前10時から開店し、遅いところだと22時まで営業しています。営業時間が長いと、それだけ1日あたりに施術できるお客さんの数が増え、回転が良くなります。また、予約したいわたしたちにとっても、仕事後やバイト後に行けるので都合がいいです。なるべく、長く営業しているところを選びましょう。

 

ベッド数の多い店舗を選ぶ

脱毛サロン1店舗に対し、ベッドの数が多いところを選びましょう。ベッドの数が多い店舗は、その分お客さんの回転が早くなります。ただ、脱毛サロンの公式ページに各店舗のベッド数までは記載していないでしょう。電話で店舗に聞いてみるか、カウンセリングのときに聞いてみましょう。

 

春を避けて予約する

これは脱毛の予約が取りやすいサロン選びのポイントではなく、脱毛の予約を取るポイントになりますが、キャンペーンが多く、脱毛を開始したい人が集まる春を避けて予約しましょう。冬や秋といった、脱毛シーズン以外は予約が比較的取りやすいです。

 

平日昼間に予約をする

これも脱毛の脱毛の予約を取るポイントです。脱毛の予約は、平日夜や土日祝日が人気で、平日の昼間は取りやすい傾向にあります。学生の方や主婦の方など、平日の昼間にも通える場合は、予約を平日昼間にすると取りやすいです。

脱毛の予約が取りやすいおすすめ脱毛サロンランキング

ミュゼ

営業時間 店舗による 9:00-20:00、10:00-21:00
店舗移動 OK
店舗数 全国185店舗以上(2017年10月1日現在)
予約方法 電話・店頭・24時間web、アプリ
キャンセル お手入れ開始時間の24時間前までならOK
以降のキャンセル・変更は当日キャンセル

ミュゼは、ダントツNo.1の店舗数を誇り、店舗移動OK、予約の取りやすさNo.1のサロンです。店舗によって、朝9時〜20時まで、朝10時〜21時まで営業しているので、予約を取れる幅が広いです。定休日も特になく、年末年始以外は通うことができます。

 

ミュゼパスポートというオリジナルのアプリがあり、そのアプリで簡単に店舗の空き状況や予約を行うことができますし、空き情報の通知も設定することができます

 

キャンセルは、お手入れ開始の24時間前ならペナルティもなく行うことができるので、空き状況を確認してみると、意外と明日の予約ができることがあるのです。お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからのキャンセル・変更は、当日キャンセルとみなし、解約時に返金対象となりません。しかし、回数保証制度があるので、解約しないで引き続き通いたい場合は、キャンセルした分の予約も取ることができます。ワキやVラインの美容脱毛完了コースの場合は、何度でも脱毛できるので、特にペナルティはありません。

 

ミュゼは、店舗移動OK、店舗数、営業時間の幅、アプリで簡単予約、空き状況の通知、ペナルティなし…と、お客さんにとってはいいことばかりのサロンなのです。

 

ミュゼの公式サイトはこちら>>>

 

キレイモ

営業時間 11:00-21:00
店舗移動 OK
店舗数 全国53店舗(2018年1月29日現在)
予約方法 電話・店頭・24時間web、アプリ
キャンセル パックプランは前日23:59までOK
月額制は3日前の23:59までOK

 

2位のキレイモは、最近人気上昇中の脱毛サロンで、店舗数も拡大してきて、ベッド数も増えてきています。特に首都圏の店舗が多いので、関東に住んでいる方におすすめです。

 

キレイモの営業時間は11時〜21時までで、定休日はありません。年末年始以外は通うことができます。予約は電話でもwebでも行うことができますが、webだと24時間OKなので便利です。キャンセル待ちの制度はありませんが、キレイモもマイページで複数店舗の空き状況を同時に確認することが可能です

 

パックプランは前日までキャンセルOKですが、当日キャンセルは1回分の消化になります。

 

月額制は、予約日の3日前までなら、キレイモの定める2ヶ月の期間内での変更とキャンセルが可能です。3日以内にキャンセルをしてもキャンセル料はかかりませんが、次の予約を取れるまで月額を払い続けなければなりません。もし2ヶ月ごとに予約していてキャンセルし、もう2ヶ月先まで予約が取れないと、4ヶ月分月額を払っているのに、脱毛に行けないのでもったいないですね。

 

キレイモの定める2ヶ月以内に予約が取れるとも限らないので、月額制は基本的にキャンセル不可と思っておきましょう。月額制に比べて、パックプランのほうがペナルティが軽いです。

 

キレイモの公式サイトはこちら>>>

 

C3

営業時間 12:00-21:00(定休日あり、水曜、第2火曜)
店舗移動 OK
店舗数 全国48店舗(2018年1月29日現在)
予約方法 電話・店頭・24時間web、アプリ
キャンセル 予約時間までならOK
予約時間を過ぎると違約金3,000円

シースリーは全国に48店舗、特に東京・神奈川に店舗が多いサロンです。営業時間は12時〜21時と、ミュゼやキレイモに比べるとやや短く、店舗によって定休日があるのが特徴です。

 

しかし、シースリー独自の予約システム『どこでも予約』に登録すると、24時間オンラインで全店舗の予約を取ることができます。また、シースリー独自の脱毛空き枠お知らせシステム『かよエール』が、直近3日でキャンセルが出た場合に、予約空き状況をお知らせします。この独自のシステムを使って、予約の取りやすさをUPさせています。

 

また、キャンセルについては、予約時間までに連絡をすればキャンセル料はかかりません。予約時間の1分前に連絡しても大丈夫です。しかし、1分でも遅刻したり、無断キャンセルをすると、違約金3,000円がかかってしまいます。連絡なしで遅刻しても、3,000円払えば施術は受けられます。

 

シースリーは事前にキャンセルの連絡をしておけば、ペナルティはないことが、他のサロンと比較して優しいところです。

 

シースリーの公式サイトはこちら>>>

 

脱毛予約が取りやすいサロンを選んで、効率よく脱毛しよう♪

このように、脱毛を契約したあと、しっかりと定期的に脱毛の予約を取るにはコツがあるのです。また、あらかじめ予約の取りやすいサロンを契約するのもコツです。

 

しっかり脱毛に通って、早くつるすべお肌を手に入れましょう♪

 

予約が取りやすい脱毛サロンNo.1 ミュゼの公式サイトはこちら>>>